また伝染性紅斑が流行しております。頬や手足に発赤を認め痒みを認めます。
発赤を認める時点では周囲への感染性はありませんが、稀に貧血と黄疸をきたす
ことがあるため、念のために一度受診を学校では勧めているようです。

溶連菌の罹患者数の増加を認めます。

胃腸風邪も増えてきましたが、下痢だけの患者様が多い傾向です。