難しいことを言いたいわけでなく、少し思うことを、一言
4月から100円ショップのダイソーに入ろうとしたり、最近になって三心に入ろうとすると、
必ずマスクを付けての入店を指示。5月19日からスポーツクラブ コパンも再開し利用できる
ようになったのですが、入館およびトレーニング中マスクを着用が義務付けられました。
コロナウイルス対策として必要なのかもしれませんが、少し走ると元々密着性が高いマスクが、
汗でさらに気密性が向上し、窒息しそうになりました。

昔 宇宙戦艦ヤマト と言うアニメが1980年代に放送され、敵のガミラス艦隊から、
地球は放射能をばら撒く遊星爆弾なるもので放射能汚染のために地上で暮らせなくなった話で、
イスカンダル星に、放射能を消してくれるコスモクリーナーを取りに行く話です。

iPS細胞の山中先生も、色々世界にコロナウイルス対策を行うために努力されておられますが、
これだけマスクをして生活することをせざる得ず、時に息苦しいと感じ、人と接触を減らせと言われると
アニメの世界が現実に起こったような錯覚に陥りませんか?

さて コロナウイルスをなくす方法は、ワクチンなのか?
紫外線UV-Cなどによるウイルスクリナーなのか?

ただ2003年のコロナSARSウイルスは、2002年11月16日に中国で始まり、
2003年の台湾での報告を最後に
7月5日にWHOは終息宣言を出しています。
ワクチンができたわけでもなく、コロナSARSはこの17年は消えていたわけで、

できれば同じように消えてくれればと思ってしまします。

くだらない話ですが、つれずれなるままに、